ちいさいクマさん(・(ェ)・)カントリーな生活

レッツカントリーライフ!

Contents
カントリー雑貨のある暮らし ファイヤーキング
キャンベルスープ缶 ラガディ・アン&アンディ
ホーロー 生活の中に刺繍を取り入れる
緑のある暮らしガーデニング オーバーオールを着てカントリー気分
ローズオニールキューピー ちいさいクマさんシリーズとくま

素敵なくまさんグッズ

カントリー派のあなたへ

ちいさいクマさんシリーズとくま

「ちいさいクマさん(・(ェ)・)カントリーな生活」がこのサイトのタイトルですが、このサイトのタイトルの由来になったのはベストセラー絵本の「ちいさいクマさん」シリーズです。世界傑作絵本シリーズのひとつで、主人公はテディベアのくまさんです。どの絵本でも、このくまさんはさぼることもなければ、グチすることもなく一生懸命に働きます。なんてこんなに働きものなの?!と思うほどの、働き者のくまさんなので小さな子供に読み聞かせるのはもちろんのこと、絵本の絵もとってもかわいいのでホッコリとした気分になります。

クマと人間との関係

「ちいさいくまさん」シリーズでは、くまが石炭屋さん・パン屋さん・植木屋さん・洗濯屋さん・牧場のくまさんというように、忙しくそして一生懸命にさぼることなく、くまさんは熱心に働きます。このくまさんシリーズを読むと、「勤勉」であることの大事さを改めて考えさせられます。

この絵本シリーズのクマさんはとってもかわいい、そして一生懸命に勤勉に忙しく働くクマさんです。ディズニーでクマさんのキャラクターといえば、プーさんでプーさんの大きな姿は小さな子供から見ると、安心感を与えるので実際の熊とは違ってキャラクターの「くまさん」は大人気の動物といえるでしょう。

キャラクターのクマ

1980年モスクワオリンピックのキャラクターは「ミーシャ」でした。クマはロシアを象徴する動物となっていることから、小熊をイメージした「ミーシャ」が誕生したのでしょう。

そしてロシアの女帝エカチェリーナ2世は、ロシア出身ではなくて元々はドイツのアスカーニエン家の出身です。その所以からでしょうか?!アスカーニエン家出身の初代ブランデンブルク辺境伯のアルブレヒト1世ですが「熊公」と言う綽名を付けられています。

ドイツの家系のアスカーニエン家は、11世紀ごろから神聖ローマ帝国の領邦君主として活動して、中世から近世を通してアンハルト公国(現:ザクセン=アンハル州)を治めていました。このアンハルト公国の紋章には、クマが二頭描かれていて、熊が王冠を被っていて真ん中には色々な家紋が配置されているのを熊が両サイドがからもっているので、クマを紋章のモチーフとなっているので熊は強さを象徴しているのかもしれません。

他に熊が紋章になっているのもあります。ドイルのベルリンの市旗も熊で、熊が左向きの横向きでベルリンの市章も同様に、熊の左向き横向き姿になっています。

そしてキャラクターのクマさんといえば『テディベア』も、とても有名です。この『テディ』は第26代アメリカ合衆国セオドア・ルーズベルト大統領の愛称です。ルーズベルト大統領が、ある日熊狩りへと出かけました。その時にルーズベルト大統領が、無事に射止められるようにと配慮されてあてがわれたアメリカグマの仔熊を、大統領が見逃してしまった!という話をベースにして誕生したのが「テディベア」というぬいぐるみです。そしてディズニーキャラクターで大人気のプーさんは、このぬいぐるみの「テディベア」が元になって誕生しました。

実際の熊と「ある日、森の中 熊さんに であった。」となったら、もう大変ですが・・・キャラクターのクマさんはとっても愛らしいキャラクターとして、子供に大人気です。

ページTOPへ