ちいさいクマさん(・(ェ)・)カントリーな生活

レッツカントリーライフ!

Contents
カントリー雑貨のある暮らし ファイヤーキング
キャンベルスープ缶 ラガディ・アン&アンディ
ホーロー 生活の中に刺繍を取り入れる
緑のある暮らしガーデニング オーバーオールを着てカントリー気分
ローズオニールキューピー ちいさいクマさんシリーズとくま

素敵なくまさんグッズ

カントリー派のあなたへ

オーバーオールを着てカントリー気分

友人との会話で「カントリーな感じが好きなの」と話をしたら「じゃあオーバーオールを着ないとね!」といわれたらどうしましょう~!ぶん殴ってやりますか?それとも見事な着こなしでぎゃふんと言わせてやりますか?!これはギャフンといわせるに限りますね。オーバーオールといえば「まいう~~!」の石ちゃんがすぐに頭に浮かびますが、オーバーオールを崩した着方で人気があります。 流行は必ず繰り返すのでオーバーオールが旬の時は、ファッションの一部として着こなしに取り入れて、旬が終わったら自宅での作業着としてオーバーオールを楽しみましょう。

オーバーオール

サロペットという言葉もあって、オーバーオールとサロペットの違いっていったいなんなの??と頭の中がゴチャゴチャになります。ほかにもオールインワンとかもあるので、ますますゴチャゴチャ度数が加速していってしまいます。

オーバーオールとサロペットは違います。サロペットはフランス語なので、英語かフランス語かの違い?!という感じもしてきますが違うんですね~ オーバーオールといえば、「まいう~」の石ちゃんが着ていますが、デニム素材で作業着的な役割を果たしていたのがオーバーオールです。

ファッション関係では、オオールインワンやサロペットが人気がありますが上下が繋がっているという点ではオーバーオールと同じですが、サロペットのほうが後ろが紐のみでバックスタイルがクロスされている(紐)感じでモード感がありましたが、最近はデニム素材ならオーバーオールぐらいの感じの使われ方をしているので、サロペットもオーバーオールもあまり明確な区別がなくなっている感じがしています。

モット詳しくオーバーオール!

石ちゃんはオーバーオールを着て、いろいろな土地の食事を食べながら紹介するのがお仕事で、いわば石ちゃんのユニフォームがオーバーオールです。オーバーオールは石ちゃんにとっての仕事着です。

いまでは、サロペットにオールインそしてオーバーオールとすっかりオシャレ着としてのファッション性の高いアイテムですが、元々は作業着でした。胸当てというか前の部分があることで、中に着用しているトップスに汚れが就かないように作られたのがオーバーオールなので、ガーデニングをしたり、DIYをしたりするときに汚れがつかないように作られたので、作業着としてだけではなく子供用の洋服としても人気です。

そしてかなり大きめサイズになれば、お腹の部分を締め付けないようなつくりになっているので、妊娠中のマタニティウェアとして着用されることこともあります。この場合には、妊娠中はかなり腹部が大きくなるので男性用のオーバーオールを着用して、マタニティ期間が終われば旦那さんに着用してもらうと、無駄にならないのでそのあたりを考慮して購入されるといいと思います。

その他にオーバーオールの特徴には、あちらこちらにポケットがついています。ヒップ周りだったり、オーバーオールの胸当て部分にもポケットがついていますが、このようにいろいろポケットがついているのは、作業着としてオーバーオールを着る時に作業中には色々な道具を使うたた、作業中の道具を入れるためにあちらこちらにポケットが作られていると考えられています。

左の腰の部分には紐がついています。この紐もファッションのためについた紐ではありません~この部分の紐はハンマーフックと言われていて、ハンマーを紐の部分に入れることで、持ち運びができるようにつけられている紐です。そして右の腰の部分についている縦に長いポケットは、スケールポケットです。スケールつまり定規なので、定規を入れることができるようになっています。

オーバーオールにサロペットそしてオーバーオールと、トイレのときはどうするの?!と気になるところですが、こちらはズボンから上が繋がっているので、ズボンだけを脱ぐということはできません。

着る時には、足からすっぽりとパンツ部分に足を入れて、それから背後にある肩の紐を肩にかけて前に持って行きます。そして肩紐についている金具を胸当てのボタンにつけてきます。もし股上のサイズが合わないときには、肩紐についている調節金具を使って肩紐の長さを変えることができるので、成長ざかりの子供の服としてもオーバーオールは人気があります。

但し子供服の場合のオーバーオールの場合は、オムツをしていたりトイレトレーニングの関係もあるので、トイレの時には素早くズボンの部分を着脱しやすいように工夫がされていて、ズボンの太ももからふくらはぎにかけて、内側にスナップでパチパチパチといくつかスナップがついていて、そこを止めてズボンの形にしたりするようになっています。

オーバーオールといえば、ズボンのイメージがありますが、ズボンの部分がショート丈だったりまたはハーフパンツになっているのもありますが、かつては「ホットパンツ」と呼ばれていました。また、胸当てがないパンツで、でもハンマーフックだったりスケールポケットが就いているのタイプもありますが、これはペインターパンツと呼ばれています。

ページTOPへ