ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォトとは、生まれてまもない赤ちゃんの生まれたての姿を残す記念撮影のことです。

生後3週間程度までの生まれたて、撮影時期のベストは生後7~14日と、本当にわずかな期間でしか撮ることのできない貴重な撮影です。

生命の神秘を感じると共に、新生児のかわいい写真に惹かれ、ここ最近撮影をする事が増えている写真です。

しかし、新生児の赤ちゃんは大変にデリケートで撮影には通常の写真撮影とは異なる特別な注意が必要です。

ニューボーンフォトを撮影する際の注意点

新生児期の赤ちゃんは、撮影する上で特別な配慮が必要な存在です。 

そのため、以下の点に注意をして撮影をする必要があります。

新生児に対する専門知識を有しているか?

ニューボーンフォトは、生後3週間程度までの生まれたての新生児を撮影するために、自宅で撮影を行う出張撮影サービスが主流です。 

しかし、ニューボーンフォトは、日本ではまだまだ流行りはじめたばかりのため、安全性について信頼できる撮影サービスかどうかを見極めることが何よりも大切です。 

そのため、まずニューボーンフォトを撮影するカメラマンが、写真の撮影技術だけではなく、新生児についての知識や経験があることが重要です。

また、サポートをするスタッフにも撮影全般における安全知識と特に新生児生理学などの知識を有している専門コーディネーターがいる事が必須となります。

特に、生後1ヶ月未満の赤ちゃんの撮影においては、かなりデリケートな対応をする必要があり、これに対応できないフォトグラファーは多くいます。

さらに、ニューボーンフォトを撮るときの赤ちゃんのポージングは、カメラマンやスタッフが行うため、赤ちゃんに負担がかからないポージングに対する知識は特に重要です。

リトルベア(Little bear)は、ニューボーンフォトに特化しております。年間100組近い赤ちゃんを撮影し、ニューボーンフォトの経験豊富な専門の女性スタッフだけで撮影を行いますので、安心してお任せいただけます。